保険診療と
自由診療(自費診療)
の違い

さとう歯科クリニックでは、患者さまにとって最適な治療法をご案内しております。
最も良い治療方法を自由診療で、保険の範囲内で出来る限りの治療を、
見た目が一番重要、治療費を少なく、など
患者さま一人ひとりのご要望、ご意見を治療前にしっかり伺い
保険診療はもちろん、保険診療で対応できない場合は自由診療の治療法もご提案いたします。

  • 保険診療とは
    国が定めた材料や治療方法の範囲内で行う治療で、内容が同じ診療であれば他医院と費用に差はなく、日本全国同一料金です。
    むし歯や歯周病などの治療は可能な限り保険診療を行いますが、全ての治療が保険適用でできるわけではありません。
  • 自由診療とは
    自由診療(保険外診療・自費診療)とは保険診療適用外の様々な材料、技術を使う治療のことをいいます。
    保険診療のような制限はなく、目的に合った最適な材料や治療技術を使い、機能性・審美性を重視することのできる治療です。

料金表

クラウン(被せ物)

※価格は税別です。

ジルコニアセラミッククラウン
人工ダイヤモンドとも言われる強度の高いジルコニアを内側に使用し、外側をセラミックで覆った被せ物です。審美的かつ強度のある材料となっており、金属アレルギーはもちろん、歯茎の変色が起きる心配もありません。

ジルコニアセラミッククラウン

120,000円

オールセラミッククラウン
外側・内側全てにセラミックを使用した材料で、天然歯とほとんど見分けがつかない、自然で美しい見た目をしています。金属アレルギーはもちろん、歯茎の変色が起きる心配もありません。

オールセラミッククラウン

100,000円

メタルボンドクラウン
内側は金属、外側はセラミックでできており、天然歯と同じくらいの強度を持ち、白い見た目で審美的にも優れております。奥歯などの強度が必要な部分にも適応でき、変色の心配も少ないです。

メタルボンドクラウン

80,000円

ハイブリッドセラミッククラウン
セラミックとプラスチックを混ぜ合わせた被せ物です。
時間の経過によるツヤの減少や変色が多少あり、オールセラミックに比べて見た目がやや劣りますが、やわらかく、周囲の歯にやさしい材質です。

ハイブリッドセラミッククラウン

60,000円

フルジルコニア
内側、外側に人工ダイヤモンドと言われるジルコニアを使用したものです。
透明感が少ないので色調はやや劣りますが、強度が高いので奥歯の治療にも使用できます。金属アレルギーはもちろん、歯茎の変色が起きる心配もありません。

フルジルコニア

60,000円

ゴールドクラウン
生体親和性の高い貴金属を使用します。保険の金属に比べて錆びにくく溶け出しもほとんどないので、歯茎が変色する心配もありません。柔軟性があるので噛み合う歯を傷めず、汚れ・雑菌も付着しにくく衛生的です。

ゴールドクラウン

80,000円

被せ物の土台※価格は税別です。
ファイバーポスト
繊維(ファイバー)でできた、被せ物をする際の土台です。
金属でできた保険の土台と比べ、歯の象牙質と同じような硬さや弾力性を持ち、歯や歯根を壊しにくく、白く透明感があるため審美性も高いです。

ファイバーポスト

10,000円

仮歯※価格は税別です。
プロビジョナル
クラウン(被せ物)などの補綴物が入るまで、歯を削った部分に装着する仮の歯です。
補綴物が入るまでに歯肉の状態や神経筋機能を調整する役割もあるため、通常の仮歯より精度が高いです。

2,000円

TeC
クラウン(被せ物)などの補綴物が入るまで、歯を削った部分に一時的に装着する仮の歯です。

1,000円

インレー(詰め物)

※価格は税別です。

オールセラミック
100%セラミック(陶器)でできた詰め物です。
年数が経過しても水分などの吸収がなく、変色にも強く、きれいな状態が維持できます。金属アレルギーはもちろん、歯茎の変色が起きる心配もありません。

オールセラミック

小臼歯
50,000円
大臼歯
60,000円
ハイブリッドセラミック
セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた詰め物です。
硬すぎず軟らかすぎず、粘り強さがあるため噛み合う歯を傷めません。金属アレルギーはもちろん、歯茎の変色が起きる心配もありません。

ハイブリッドセラミック

小臼歯
30,000円
大臼歯
40,000円
ゴールド
金合金や白金加金など、科学的に安定し生体親和性も高いた貴金属を使用します。錆びにくく、金属の溶け出しもほとんどありません。柔軟性があるので噛み合う歯を傷めず、汚れ・雑菌も付着しにくく衛生的です。

ゴールド

小臼歯
40,000円
大臼歯
60,000円
貼り付けるインレー※価格は税別です。
ラミネートベニア
薄い板のようなセラミックを貼り付け、歯の色や形を改善させます。
表面のみの使用なので歯を削る量を抑えられ、色合いも自然です。
生まれつき歯が変色している方におすすめです。

ラミネートベニア

100,000円

ホワイトニング

※価格は税別です。

ホームホワイトニング
ご自宅にて行っていただくホワイトニング方法です。
専用のカスタムトレー(マウスピース)を使用し、歯科医院での指導内容にしたがってご自分のペースで施術を行っていただきます。

ホームホワイトニング

片顎
16,000円
全顎
30,000円

歯周外科・移植

※価格は税別です。

自家歯牙移植
歯が抜歯された部分に、自分の親知らずや埋没している歯を移植する方法です。
インプラントやブリッジにはない安定感があり、ご自分の歯なので異物反応が起きません。

50,000円

歯周組織再生療法
歯周病などにより破壊されてしまった歯肉、歯根膜、歯槽骨、セメント質という歯周組織を再生させる方法です。

80,000円

結合組織移植術
歯肉が痩せて薄くなっていたり、抜歯などで陥没した部分がある場合に、歯肉を増やす方法です。
上あごの口蓋から結合組織のみを採取して、歯肉が不足している部分に移植します。

50,000円

遊離歯肉移植術
歯根やインプラントの周囲に角化歯肉(固く動かない歯肉)が少ない場合に行う手術です。上あごの口蓋から上皮の付いた歯肉を切り取り、歯根やインプラントの周りに移植し、角化歯肉を増やしていきます。

50,000円

歯冠長延長術
むし歯や歯の破損で歯茎よりも深いところに歯のフチがある場合、抜歯せずに被せ物で治療ができるように、歯茎の位置を下げて歯のフチを歯茎より上に出していく方法です。

15,000円

自家骨採取
インプラント治療などで必要な顎の骨が足りない場合に行う、自分の骨を採取して移植していく手術です。
下顎の親知らず付近や、下の前歯の下方から採取することが多いです。

10,000円

インプラント

※価格は税別です。

参考価格

インプラント1本あたり
CT検査・診断料 + アバットメント本体 + インプラント埋入手術 + 二次手術 + 上部構造(クラウン)
総額:300,000 〜 410,000円(税別)
※症例により異なります 
※サージカルステントを使用する場合は別途になります
CT検査・診断料
お口や顎の骨の状態を正確に把握するため、レントゲン・CT・口腔内写真などを撮影します。また、血液やお身体の検査も行い、患者さまのお身体の状態まで把握するようにしております。

CT検査・診断料

20,000円

サージカルステント
CTのデータを基に設計された、インプラント埋入時のドリルを開ける位置や方法をガイドするテンプレートです。
インプラント埋入位置に穴が空いたマウスピースのようなもので、的確なインプラント埋入手術に貢献します。

70,000円

インプラント埋入手術
歯科用CTで撮影した立体画像をもとに、コンピューターで適切な埋入位置をシミュレーションしてから、安全・確実にインプラント(人工歯根)を顎の骨に埋入していきます。

インプラント埋入手術

1本
170,000円
二次手術
埋入したインプラントが骨と結合するまでの安静期間を経たら、再度歯肉を部分的に切開し、インプラントと上部構造(人工歯)をつなげるための連結部分「アバットメント」を装着します。

二次手術

1本
30,000円
上部構造(クラウン)
インプラントを固定した後に被せる人工歯となる部分です。
ジルコニアセラミック、フルジルコニア、メタルボンド、オールセラミックから選択でき、材料によって価格が変動いたします。

上部構造(クラウン)

60,000円〜

アバットメント※価格は税別です。
アバットメント
インプラントと上部構造(人工歯)をつなげる土台となる部分です。

アバットメント

20,000円

ジルコニアアバットメント
従来の金属を使用したアバットメントではなく、ジルコニアを使用したアバットメントです。金属と違って白いので人工歯を装着しても透けることなく、歯茎から金属が見えてしまうこともありません。

70,000円

オプション外科処置※価格は税別です。
ソケットリフト
インプラント埋入手術に必要な骨の量がない場合に行う手術です。
歯の生えていた部分(歯を抜いたときはその穴)から移植骨を入れ、少しずつ骨の厚さを足していきます。

50,000円

サイナスリフト
インプラント埋入手術に必要な骨の量がない場合や、欠損している歯が多数ある場合に行う手術です。
歯が生えていた部分の側面の歯ぐきから切開し、そこから移植骨を埋めていきます。

200,000円

GBR(骨増生)
インプラントを埋入するために十分な骨の量がない場合に行う治療方法です。
骨補填剤の利用や、他の部位から採取した骨の移植などにより骨増生をしていきます。

50,000円

結合組織移植術
歯肉が退縮していたり、抜歯などで陥没した部分がある場合に歯肉を増やす方法です。上あごの口蓋から結合組織のみを採取して移植します。インプラント周囲の歯肉の厚みが増加するので、審美性がより上がります。

50,000円

遊離歯肉移植術
インプラントの周囲に角化歯肉(固く動かない歯肉)が少ない場合に行う手術です。上あごの口蓋から上皮の付いた歯肉を切り取り、インプラントの周りに移植して角化歯肉を増やしていきます。

50,000円

その他※価格は税別です。
プロビジョナル
インプラントと顎の骨がしっかりと結合するまでの間、一時的に装着する仮の歯です。
上部構造が入るまでに歯肉の状態や神経筋機能を調整する役割もあるため、通常の仮歯より精度が高いです。

2,000円

TeC
インプラントと顎の骨がしっかりと結合するまでの間、一時的に装着する仮の歯です。

1,000円

義歯(入れ歯)

※価格は税別です。

スマートデンチャー
従来のようなクラスプ(金属でできた留め具)のない義歯(入れ歯)です。
床部分と歯を固定する装置が歯肉に近い色の柔らかい素材でできているため、見た目が自然で入れ歯を装着していることが周囲から気付かれにくいです。

スマートデンチャー

片側処理
150,000円
両側処理
180,000円
金属床加算
70,000円
金属床義歯(チタン)
金属床の中で最も薄いチタンを使用した、違和感の少ない金属床義歯です。
生体親和性の高い金属で、金属アレルギーの発症もほとんどありません。
比重が軽く、顎になじみやすいので快適に使用できます。

金属床義歯(チタン)

500,000円

金属床義歯(コバルト)
歯肉に触れる部分(=床)が金属素材コバルトクロムで作られている入れ歯です。
保険適用の入れ歯の約3分の1の薄さなので、装着時の違和感がほとんどなく、熱伝導性にも優れ、食べ物の温度を感じやすいです。

金属床義歯(コバルト)

300,000円

アタッチメント(ロケーター)
入れ歯と歯茎をロケーターによって固定した義歯です。
きっちり入れ歯が固定されるので、入れ歯の安定感や、食事の際のものを噛む能力を高めます。

アタッチメント(ロケーター)

50,000円

インプラントオーバーデンチャー
インプラントを数本埋め、それにより固定される入れ歯です。
ガタつきがなく、しっかり噛めるようになり、入れ歯の浮き上がりも抑えることができます。

インプラントオーバーデンチャー

義歯本体
300,000円
義歯用インプラント
150,000円
仮歯※価格は税別です。
プロビジョナル
義歯を制作している間、一時的に装着する仮の歯です。
義歯が完成するまでに歯肉の状態や神経筋機能を調整する役割もあるため、通常の仮歯より精度が高いです。

2,000円

TeC
義歯を制作している間、一時的に装着する仮の歯です。

1,000円

医療費控除

自分自身や生計をともにする家族のために医療費を支払った場合に受けられる、一定の金額の所得控除のことを医療費控除と言います。
歯の自費診療では高価な材料を使用することが多く、治療代が高額になる場合があるので医療費控除の対象となります。
毎年1月1日〜12月31日に支払った分を翌年3月15日までに確定申告をすると医療費控除が適用され、税金が還付されます。
医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高200万円)です。

医療費控除額(最高200万円)=(支払った医療費の額ー保険金などで補てんされた額)ー10万円※ ※所得金額の合計が200万円未満の人は、所得金額の5%になります。

医療費控除額(最高200万円)=
支払った医療費の額 ー 保険金などで補てんされた額10万円

※ 所得金額の合計が200万円未満の人は、所得金額の5%になります。

例) 課税所得金額が500万円の人の場合、
扶養家族である子供の矯正治療費に年間90万円かかったならば、「医療費控除額=90万円ー10万円=80万円×税率30%=24万円」
つまり、矯正治療に費やす費用は実質、90万円ー24万円=66万円で済んだことになります。
医療費控除の税率と医療費の軽減額はこちらの表をご覧ください。

課税所得金額 税率
所得税+住民税
医療費(円)
50万円 70万円 90万円 110万円 130万円 150万円
~195万円以下 15% 60,000 90,000 120,000 150,000 180,000 210,000
195万円超~330万円以下 20% 80,000 120,000 160,000 200,000 240,000 280,000
330万円超~695万円以下 30% 120,000 180,000 240,000 300,000 360,000 420,000
695万円超~900万円以下 33% 132,000 198,000 264,000 330,000 396,000 462,000
900万円超~1800万円以下 43% 172,000 258,000 344,000 430,000 516,000 602,000
1800万円超~ 50% 200,000 300,000 400,000 500,000 600,000 700,000

*

※タップで拡大

医療費控除の手続きは、お住まいの住所を管轄する税務署へ医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を提出してください。
その際、医療費の支出を証明する領収証や通院にかかった交通費などについて確定申告書に添付するか、提示する必要があります。

ページの先頭へ戻る