お子さまの気持ちに
寄り添ったやさしい診療

歯が痛くなる前に定期的に歯医者へ通う習慣を子どものうちからつけることは、
生涯のお口の健康だけでなく、全身の健康に大いに貢献します。
しかし「歯医者は怖い」と行くのを嫌がるお子さまが多いのが現状です。そこで当院では、
「歯医者は怖くない」「楽しい!また来たい!」と思えるように、お子さまの気持ちに寄り添ったやさしい診療と医院づくりを心がけています。

お子さまを歯医者嫌いに
させないために

*

お子さまの気持ちに寄り添う診療と取り組み
子どもの頃に「歯医者は怖い」「痛いことをされるから行きたくない」と恐怖心を感じてしまうと、診療も難しくなり、さらにその恐怖心が大人になってからも残ったままだと、足が遠のいてしまう原因となります。
お子さまが歯医者嫌いにならずにお口の健康を長期的に支えられるよう、一層優しく丁寧な対応を心がけております。特に小さなお子さまの治療はできるだけ早く終わらせ、すぐに治療に入ることが難しいお子さまには診療器具や歯医者に慣れてもらうことからはじめるなどの工夫や、ご家族で通いやすい医院づくりにも配慮しています。

*

ご家族と一緒にお子さまの成長を支えていきます
お子さま一人ひとりの成長や発達、歯や歯並びを長期にわたり継続的に見守り管理することは、お子さまの生涯の健康を守り続けることにつながります。
乳幼児期の歯の生え始めから、幼稚園・保育園生、歯の生え変わる小学生、そして永久歯列や噛み合わせの完成する中学生まで、一人ひとりの成長段階に適したサポートをしっかりと行っていきます。

家族で通いやすい
工夫をしています

予防のために、治療を終えてからも歯医者さんへ通うことはとても大切です。さとう歯科クリニックでは、小さなお子さまが楽しく通えて、お母さまも安心して治療を受けていただけるような、歯医者に通いやすい医院づくりを行っています。

絵本やおもちゃを
揃えたキッズスペース
*
*
オムツ替えシート
*

歯の生え変わりの時期は
要注意!

*
「乳歯は生え変わるから、むし歯になっても大丈夫」
その考えは大変危険です!
乳歯には、丈夫な永久歯を正しい位置に生やすための準備をしたり、正常な噛み合わせやあごの骨の成長そして知能の発達など、今後の口腔環境や成長にとって大きな役割があります。
加えて、生えたての永久歯は抵抗力が弱いため、乳歯のむし歯を放置してしまうとむし歯菌がお口の中でどんどん繁殖し、永久歯にもむし歯が感染してしまうリスクが格段に上がってしまいます。
乳歯がむし歯になった時に「生え変わるから大丈夫」と考えるのは、大きく間違っているのです。
*
とてもデリケートな生え替わりの時期
生え変わりの時期は乳歯と永久歯がお口の中で混在することで、歯の高さ、大きさが必然的に不揃いになります。歯磨きがしづらく、歯の表面も粗く汚れがつきやすく、さらには前述した通り生えたての永久歯は抵抗力が低いため、結果的にむし歯になりやすいとてもデリケートな時期なのです。
また、この時期特有の「永久歯がなかなか生えてこない」「乳歯が抜けない」などのトラブルもあるので、生え変わりの時期をしっかりと把握し、大切なお子さまのお口のケアに細心の注意をはらいましょう。

大切なお子さまの今と、
生涯の健康のために

*
むし歯になりにくいお口づくりを
生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は、むし歯や歯周病の原因菌がいない「無菌状態」です。では、なぜむし歯になってしまうのでしょう?
それは、むし歯が菌による感染症であることがあげられます。大人からのキスや噛み砕いた食事を与えるなどのスキンシップでむし歯菌がお子さまへ移り、むし歯を発症してしまうのです。
むし歯菌の感染時期を遅らせることで、将来むし歯ができにくくなるという報告もされています。今、お子さまをむし歯から守ることが、将来のお口の健康にもつながるのです。
お子さまを
むし歯から守るポイント

*

感染源の除去
感染源となる、お母さまを始めとする周囲の大人のお口を清潔に保つことが大切です。
むし歯など、お口に疾患のある方は早急に治療を行い、毎日の歯磨きに加えて歯医者での定期的なケアやクリーニングを受け、お口をきれいな状態に保ちましょう。

*

感染経路の遮断
むし歯の感染を防ぐ効果を証明しているものにキシリトールがあります。特に無糖、シュガーレス、糖類0gなどの表示がされている製品がおすすめです。それらを活用し、むし歯の感染を防ぎ、安全なスキンシップを心がけていきましょう。
抵抗力の強化
乳歯や生えたての永久歯は特に歯質が弱く、免疫力も低いです。定期的な歯医者での検診で歯磨き指導を受けたり、むし歯ができやすい歯の溝をシーラント填塞で埋めたり、歯質を強化するフッ化物(フッ素塗布)を活用したりなど、お子さまの歯を守っていきましょう。
歯磨き指導
*
シーラント填塞
*
フッ化物の活用
*
保護者の方へのお願い
大人が我慢できることであっても、お子さまにとっては大変です。治療の後はたくさんほめてあげて、お子さまの気持ちをサポートしてあげてください。
*

MEDICAL

ページの先頭へ戻る