できるだけ削らない、
抜かない、痛くない治療

むし歯になってしまった時、その痛いところだけを治す、ましてや無条件で削ってしまう治療では、歯は長く保てません。
他に勝るものはない天然の歯を残すことに重点を置き、「できるだけ削らない・抜かない」治療を考え、
そして患者さまの負担を軽減するための「できるだけ痛くない」やさしい治療も心がけています。
生涯の健康も見据えた、一人ひとりに最適な治療をご提案します。

歯を残すことに
重点をおいた治療

*

可能な限り多くの天然歯を残すために
天然の歯は一度削ってしまうと二度と元には戻りません。そうならないためには予防を徹底するのが最善です。しかし、やはりむし歯ができてしまった時には治療が必要となります。
むし歯ができてしまったら、歯を削り詰め物や被せ物をする。治療を終えたら今まで通りの生活習慣や意識のまま…昔はそれが一般的でしたが、それでは当然、むし歯の再発が起きてしまいます。その度に“歯を削り治療をする”ことを繰り返していると、天然の歯はみるみる減っていきます。
そこでさとう歯科クリニックでは、天然の歯を可能な限り残す、なるべく削らない・抜かない「MI(Minimal Intervention=最小限の侵襲)治療」に取り組み、さらにご自身の歯を失ってしまっても、残りの歯を守り、それ以上歯を削らずに済むように、治療後の予防・ケア・メインテナンスでしっかりサポートをしていきます。

そもそもむし歯は
なぜできるのか?

*
なぜむし歯になってしまうの?むし歯を防ぐ方法は?
「歯質・食べ物・細菌」の3要素に時間の経過が加わることで、むし歯になってしまうと言われています。お口の中には多種多様の細菌が数多く存在しています。その中でも、むし歯菌と言われている細菌「ミュータンス菌」は、磨き残しなどによる歯垢(プラーク)の塊に潜んでいます。その細菌が、食事で摂取した糖分やタンパク質を分解する際に排出する「酸」が、歯を構成する成分であるエナメル質・カルシウム・リンなどの成分を溶かすことで、むし歯ができてしまいます。
歯磨きをしていなくても、また甘いものをたくさん食べていてもむし歯になりにくいという方は、もともと持っているお口の細菌量が少なかったり、溶け出したカルシウム・リンなどを元に戻す働きのある「だ液」の力が強い方です。
歯質
象牙質・エナメル質・セメント質などでできている歯質は一人ひとり強さが異なり、むし歯のなりやすさを左右します。再石灰化(歯を健康な状態に戻す)を促進するためによく噛んで「だ液」の分泌量を増やしたり、フッ素を塗布するなどで、歯質を強化することができます。
糖分
食後のお口の中は酸性になり、歯が溶けやすい(むし歯になりやすい)状態になります。その状態が多く・長く続かないように、だらだら食いを控えたり、砂糖の少ないおやつを選択するなど、バランスの取れた食事を心がけてむし歯になりにくいお口を目指しましょう。
細菌
細菌の塊である歯垢や歯石などは歯磨きでは完璧には落とせません。定期的に歯医者でメインテナンスを受け、歯垢や歯石などを除去し、細菌をなくすように心がけましょう。また細菌の活動を抑制するフッ化物やキシリトールを利用することも効果的です。
むし歯はこうして進行します
  • 歯の表面に小さなむし歯ができます

    歯の表面に
    小さなむし歯ができます

  • むし歯が神経に近くなると、冷たいものがしみます

    むし歯が神経に近くなると、
    冷たいものがしみます

  • さらに進行すると熱いものもしみて、痛みます

    さらに進行すると
    熱いものもしみて、痛みます

  • 神経が死んでしまうと、痛みを感じなくなります

    神経が死んでしまうと、
    痛みを感じなくなります

“痛みがなくなった”からと
放置していると…
歯根の先に細菌や膿がたまり始めると炎症が起き、硬いものを噛んだりした時に痛みや違和感を感じるようになります。まれにそこから細菌が侵入し、全身に害を及ぼす危険性もあります。そうならないためにも、まずは予防が最善ですが、万が一、むし歯なってしまったら早急に治療をできるように、定期検診を受診しましょう。

MEDICAL

ページの先頭へ戻る